fc2ブログ

ヘッダー画像集 火の見櫓編

IMGP1266a.jpg
ヤフーブログでヘッダー画像として掲載してきたものです。

お気に入りのヤフーブログから移転された方が多くなってきました。

ちょっと寂しい気もしますね。

一番上の画像は、養老鉄道と神戸(ごうど)町の火の見櫓です。

一番下は、方角表示が印象的な岡崎市の櫓です。
スポンサーサイト



火の見櫓を訪ねて その38 (八百津町久田見)

DSC_0466.jpg
DSC_0462.jpg
DSC_0473.jpg
DSC_0471.jpg
八百津町久田見野黒の火の見櫓。県道多治見白川線沿いにあります。

2019年5月訪問

八百津町の中心部から県道(かなりの山道です)をひた走り数10分。

かなり標高の高い山奥に久田見地区はあります。

鉄道でのアクセスは現実的ではありませんが、位置的には・・・・

高山線上麻生駅から東南へ直線距離で6.9km、名鉄広見線御嵩駅から北北東へ約10kmです。


その昔、運転免許取り立ての頃、友人と深夜ドライブに出ました。

八百津町に到達しあてもなく車を走らせると、やがて道は急曲線と勾配の連続する峠道に・・・

いったいどこまで道が続くのだろうとわくわく(笑)しながら、延々と山の中を進みました。

そこに突如一軒の家が現れて、ただただ驚いた記憶があります。

「こんな山の中に家がある!!」と。

そこが久田見地区であり、峠道が多治見白川線でありました。



噴水

DSC_1252.jpg
暑くなってきたので、清涼感のある写真を♪

市民公園で噴水設備の一部を高速シャッターで写しとめてみました。

水を写しているのですが、氷細工のようにも見えます。

火の見櫓を訪ねて その37 (八百津町上飯田)

IMGP5954.jpg
IMGP5972.jpg
IMGP5968.jpg
IMGP5967.jpg
IMGP5971.jpg
IMGP5961.jpg
IMGP5957.jpg
岐阜県八百津町上飯田の火の見櫓。2019年1月訪問。

八百津町は、可児市兼山や御嵩町の北隣に位置する鉄道のない町です。

2001年9月30日をもって、名鉄八百津線が廃止、八百津町から鉄道は姿を消しました。

(八百津線は広見線明智駅から分岐し、八百津までを結ぶ短い路線でした)

隣接する川辺町にある高山線中川辺駅から東南東へ直線距離で2.3kmほど。

国道418号線沿いにあります。

(←酷道と揶揄されることもある道であり、青春の思い出のつまった道でもあります)

公民館の敷地に敷設。

信号表のある櫓ははじめて見ました。